上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

山あじさい

 

五月二回目のお稽古。風炉に替わって二度目の今日は、基本に戻りお運びのお点前です。


山あじさい

 

お濃茶をおさらいする私は、まず、お客様にお菓子をお出しします。茶会では、お濃茶の前に別室で主菓子を頂きます。亭主側は、主菓子をお出しした後、濃茶席を初飾にします。お稽古では、この流れを一部屋で行うので、お客様がお菓子を召し上がっている時に、水指を運び、次に水指の前に濃茶器を飾りつけて、お点前が始ります。


松本仙翁、蛍袋、山あじさい、縞葦

 

今日のお花は、縞葦と山あじさいです。お花はいつも先輩が丹精した沢山の花から選んで活けます。今日はこのような花たちから山あじさいと縞葦が選ばれました。他は、松本仙翁(まつもとせんのう)とほたる袋です。

スポンサーサイト
2009.05.21 Thu l 茶道 l top ▲

夏椿

 

今日から風炉のお稽古、お茶の世界では夏に入ったのです。お花は夏椿、別名は沙羅。沙羅双樹の花の色...の沙羅です。

一枝、先生が花入れに入れると、辺り一面凛とした空気が漂いました。一輪でも堂々とした雰囲気です。

夏椿

 

私はいつもの様にお濃茶のお点前をしました。お点前は変わりないのですが、炉に変わると少しづつ所作が変わります。今日はお濃茶が良く練れたと先生からお褒めを頂きました。嬉しい一瞬です。

2009.05.16 Sat l 茶道 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。